長谷部誠の試合を見るならドイツのブンデスリーガを放送するスカパー!

日本代表の精神的支柱・長谷部誠。

ロシアワールドカップもキャプテンを務め、チームを一つにまとめていました。

日本代表は引退した彼ですが、クラブではまだまだプレイ中。

クラブで長谷部誠の試合を見るにはどの放送サービスか調べました。

しゅうと
長谷部誠は説明不要じゃね?俺でも知ってるし。
てるお
ザ・キャプテンだからねぇ。ワールドカップ3回出てるし絶対的って言っていいだろうね。
しゅうと
もう代表引退したんだっけ?
てるお
残念ながらロシアワールドカップで引退したよ。新しくチームの心を整える人が必要になるね。
しゅうと
心を整える乱用するな(笑)

 

長谷部誠の試合を見るならドイツのブンデスリーガを放送するスカパー!

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

日本サッカー協会(JFA)さん(@japanfootballassociation)がシェアした投稿

長谷部誠の試合はスカパー!で放送中!

2018-2019シーズン、長谷部誠はドイツ・ブンデスリーガのフランクフルトに所属しています。

ブンデスリーガを見るには「スカパー!サッカーセット」を契約します。

ブンデスリーガ2018-2019シーズンはスカパー!だけの独占放送です。他の放送局では見れません。

ドイツ・ブンデスリーガ(2018-2019)見るならスカパー!日本人選手も多数所属!

スカパー!のスカパーサッカーセットで見れるリーグとカップ戦は?

スカパー!サッカーセットではブンデスリーガ以外にも海外リーグの試合を放送しています。

4大リーグの一つのイタリア・セリアAや、ベルギーのジュピラー・プロ・リーグが放送されます。

■2018-2019シーズンにスカパー!の「スカパーサッカーセット」で放送される海外リーグ一覧

  • ブンデスリーガ1部(全試合、独占
  • ブンデスリーガ2部(日本人選手中心、独占
  • イタリア・セリエA(毎節3試合、ユベントス中心)
  • ポルトガル・プリメイラ・リーガ(日本人選手中心、独占
  • ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ(日本人選手中心、独占

 

スカパー!サッカーセットではリーグ戦だけでなくカップ戦も放送されます。

カップ戦は日本の大会が中心です。2018年は天皇杯や高円宮杯も放送されていました。

■2018-2019シーズンにスカパー!のスカパーサッカーセットで放送されるカップ戦一覧

  • イングランド・FAカップ
  • ルヴァンカップ(全試合、独占
  • 天皇杯(2019年放送予定未定)
  • ユース(2019年放送予定未定)

 

てるお
スカパー!のスカパー!サッカーセットはブンデスリーガとジュピラー・プロ・リーグが見れるのがいいところだね。
しゅうと
ドイツとベルギーのリーグだっけ。
てるお
そうそう。この2つは日本人選手がが多いから日本代表を欠かさず見る人にもぴったりだね。
てるお
別チャンネルではイングランドやスペイン、オランダのリーグ戦も見れるよ。
しゅうと
別チャンネルってことはお金かかる?
てるお
追加料金が必要だね。だからお金に余裕があるか絶対みたい試合があれば使うといいよ。

 

長谷部誠はドイツのフランクフルトに所属

フランクフルトはブンデスリーガ創設期からあるドイツの古豪クラブです。

長谷部の他にも乾や鎌田大地と契約しており、日本では知名度が高いクラブです。

順位的にはヨーロッパリーグ出場権(4位~6位)に食い込むこともあれば、下位に沈むこともあって、浮き沈みが激しい印象です。

しかし、バイエルンやドルトムントといった上位チームを食ってジャイアントキリングを起こすことがしばしばあります。

DFBポカール(ドイツの天皇杯)では2016-2017シーズンでは準優勝。2017-2018シーズンでは優勝しており好成績を収めています。

一発勝負のほうが強いといえるクラブですね。

 

ドイツのブンデスリーガはどんなリーグ?

ドイツのブンデスリーガは、一対一のガチンコ勝負が熱いリーグです。

ブンデスリーガの基盤となっているのは「ツヴァイカンプフ」。直訳すると二人の戦い、つまり一対一の戦いです。

民族性なのかドイツ人は責任感が強いので、攻めてきた敵は相対する人がなんとかするという意識がとても高いです。

ピッチで一対一が多発し、一度ドリブルで抜かれてもすっぽんのように噛み付いて離しません。

そして空中戦での一対一では、身長190cmはあろうかという選手が激しく体をぶつけ合うこともしばしば。

ピッチ所の到るところでぶつかりあい火花が散る、決闘スタイルの熱いゲームが特徴的なリーグです。

 

ブンデスリーガのもう一つの特徴は最先端の戦術が見れるところです。

近年のドイツでは、革命的な戦術を敷く監督が次々と登場しています。

よくサッカーで「ボールを保持しろ!」とか「ポゼッションを高くして!」とか言ってる人を見たことは無いでしょうか?

サッカーはゴールを決めないと勝てないゲームなので、ボールを敵に渡したくないのが普通です。

ところが「敵にボールにあげてもいいじゃない」という常識破りな発想で、ブンデスリーガを二連覇。世界チャンピオンに手をかけた監督が現れました。(CL準優勝。)

ユルゲン・クロップ、元ドルトムントの監督でご存知香川真司の恩師です。

クロップを皮切りに、ドイツの名監督は更に若年化。

今ではナーゲルスマンやテデスコといった30代の理論派監督が次々と出ています。

選手と同年代の監督が、これまでのサッカーの常識を打ち破る大胆な発想で世界を席巻。これは他のリーグには見られない特徴です。

ツヴァイカンプフと常識に囚われない革新的な戦術。

ガチンコ勝負は見て分かりやすいのでサッカーを見始めた人もオススメ。

一方で、戦術の深みにハマりたいというサッカー上級者も楽しめるのがブンデスリーガです。

 

長谷部誠の経歴は?

長谷部誠はブレないメンタルと、ベテランになってもまだまだ進化する選手です。

少年時代はU-18から選出されており、日本代表レベルの選手としてはやや遅咲きでした。

Jリーグは浦和レッズからのデビューです。入団直後はトップ下でしたが、ボランチへポジションを下げるとパフォーマンスが向上。器用さを見せていました。

チームはJ1優勝のタイトルを獲得。長谷部誠自信もベストイレブンにも選出されます。

日本代表に選出され始めると海外からも注目され、ドイツのヴォルフスブルクへ移籍が決定します。

ヴォルフスブルグはスポンサーがフォルクスワーゲンです。資金は潤沢でライバルは一流選手なので移籍直後は厳しい時期を過ごします。

しかし、2年目ではポジションにこだわらずサイドバックもこなすなどして優勝に貢献。優勝シャーレを掲げました。

その後はニュルンベルクを経由して現在のフランクフルトへと移籍。いまやドイツで10年以上経験を積むベテラン選手です。

35歳、まだ進化する長谷部誠

35歳、長谷部誠はまだまだ進化を続けています。

転機の一つは2016年。日本代表ではやりなれたボランチからディフェンダーに転向。3バックの一人として使われます。

いろいろなポジションの経験が結実したのか、最終ラインの統率、ボール狩り、攻撃への参加と全ての仕事をこなすプレイヤーになりました。

長谷部をディフェンダーに組み込んだことでクラブの成績も安定。高順位を維持しています。

まさに長谷部システム!

日本代表だけ見ている人は、見慣れた長谷部誠と全く違う動きをするのでフランクフルトは面白いかと思います。

2019年2月11日時点、ドイツサッカー専門誌キッカーのブンデスリーガ平均評価では全選手の中で2位!

並み居る選手達を相手に驚異的な数字を出しています。

複数の仕事をこなしつつ、チームメイトへの配慮を忘れない。その姿に地元紙から付いたあだ名は「カイザー(皇帝)」です。

身体の全盛期を超えても、評価が下がるどころか上がっている長谷部誠。

日本代表を引退したのは残念ですが、移動の負担が減ったためか更にパフォーマンスが良くなっています。

ブンデスリーガで一番熱い日本人は長谷部誠です。

 

長谷部誠の移籍の噂…行き先はどこ?

長谷部誠の移籍の噂はありません。

年齢的にもキャリアの終焉が近づいているので、現役引退かJリーグに戻る選択肢も考えられます。

本人のコメントではしばらくはドイツでやっていきたい思いが強いようなので、コーチの道を歩む可能性が高そうです。

となると、長谷部誠の活躍が見れるのは2018-2019で最後になるかもしれません。

 

おわりに

長谷部誠の試合が見れるのはスカパー!だけ

スカパー!では日本人選手が多いベルギーのジュピラー・プロ・リーグも見れるので、日本代表を追っかけるならスカパー!は便利です。

引退の時期が近づいている長谷部誠の最後の活躍(?)は見逃せません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です