冨安健洋の試合を見るならベルギーのジュピラー・プロ・リーグを放送するスカパー!

アジアカップでも日本代表の最年少ゴールを決めて勝利の立役者になった冨安健洋!

若干20歳ながら日本代表のディフェンダーでぐんぐん存在感を増している期待の選手です。

そんな新星・冨安健洋を日本代表以外の試合でも見るならどうすればいいか調べました。

しゅうと
20歳で日本代表入りか。
てるお
ロシアワールドカップから人材が入れ替わって若くて有望な選手がいっぱい出てきたね!
しゅうと
でも、こないだまでセンターバックが不足って言ってたような……。
てるお
こういうのは時代の流れだから(笑)

 

冨安健洋の試合を見るならベルギーのジュピラー・プロ・リーグを放送するスカパー!

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

冨安健洋/Takehiro Tomiyasuさん(@tomiyasu.t)がシェアした投稿

冨安健洋の試合はスカパー!で放送中!

2018-2019シーズン、冨安健洋はベルギー・ジュピラー・プロ・リーグのシント=トロイデンに所属しています。

ジュピラー・プロ・リーグを見るには「スカパー!サッカーセット」を契約します。

ジュピラー・プロ・リーグ2018-2019シーズンはスカパー!だけの独占放送です。他の放送局では見れません。

ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ(2018-2019)見るならスカパー!

スカパー!のスカパーサッカーセットで見れるリーグとカップ戦は?

スカパー!サッカーセットではジュピラー・プロ・リーグ以外にも海外リーグの試合を放送しています。

4大リーグのドイツ・ブンデスリーガやイタリア・セリアAも放送対象です。

■2018-2019シーズンにスカパー!の「スカパーサッカーセット」で放送される海外リーグ一覧

  • ブンデスリーガ1部(全試合、独占
  • ブンデスリーガ2部(日本人選手中心、独占
  • イタリア・セリエA(毎節3試合、ユベントス中心)
  • ポルトガル・プリメイラ・リーガ(日本人選手中心、独占
  • ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ(日本人選手中心、独占

 

スカパー!サッカーセットではリーグ戦だけでなくカップ戦も放送されます。

カップ戦は日本の大会が中心です。2018年は天皇杯や高円宮杯も放送されていました。

■2018-2019シーズンにスカパー!のスカパーサッカーセットで放送されるカップ戦一覧

  • イングランド・FAカップ
  • ルヴァンカップ(全試合、独占
  • 天皇杯(2019年放送予定未定)
  • ユース(2019年放送予定未定)

 

てるお
スカパー!のスカパー!サッカーセットはブンデスリーガとジュピラー・プロ・リーグが見れるのがいいところだね。
しゅうと
ドイツとベルギーのリーグだっけ。
てるお
そうそう。この2つは日本人選手がが多いから日本代表を欠かさず見る人にもぴったりだね。
てるお
別チャンネルではイングランドやスペイン、オランダのリーグ戦も見れるよ。
しゅうと
別チャンネルってことはお金かかる?
てるお
追加料金が必要だね。だからお金に余裕があるか絶対みたい試合があれば使うといいよ。

 

冨安健洋はベルギーのシント=トロイデンに所属

シント=トロイデンは、欧州で一番日本人選手が所属しているクラブです。

日本代表の試合が大好きな人は注目せざるを得ません。

なぜシント=トロイデンに日本人選手が多いかというと、2017年に日本の企業のDMM.comが経営権を取得したからです。

日本企業がスポンサーをすることはよくありますが、買収するケースはあまりありません。

欧州の大きなクラブは同じく欧州や南米から若い選手を連れてきますが、同じことをやっては勝てない……。

でもアジア市場なら日本人が一番よく知ってるので、そこで違いを出しているというわけです。

シント=トロイデンはベルギーでも強豪ではないですが、買収から間もないので結果が出るのはまだまだこれから。

これから強くなっていくクラブの中核として日本人選手が欠かせなくなってくるといいですね。

 

ベルギーのジュピラー・プロ・リーグはどんなリーグ?

ベルギーのジュピラー・プロ・リーグは身体能力の高い選手が多いフィジカルゴリゴリのリーグです。

身体能力を活かして戦う選手が多く、数秒でゴールが生まれることもあるので目が離せません。

なぜ身体能力の高い選手が多いのか、それはベルギーの立地に秘密があります。

ベルギーはドイツ、フランス、オランダ、ルクセンブルクに囲まれた国なので、外国にルーツを持つ選手がたくさんいます。

フランスからはアフリカ系が、ドイツからはトルコ系が多くやってきます。特にアフリカ系の身体能力の高さは知らない人はいないでしょう。

周りがサッカー強国に囲まれているのでスカウトも派遣しやすく、若くてポテンシャルの高い選手を獲得しやすいのもメリットです。

日本人にはおなじみ、ロシアワールドカップのメンバーも、選手の多くはベルギーのクラブからキャリアを始めて、ビッグクラブへ移籍しています。

将来のスーパースターはジュピラー・プロ・リーグで見れるはずです。

 

ジュピラー・プロ・リーグは他のリーグより接戦が繰り広げられるエキサイティングなリーグです。

なぜなら、サッカーでは珍しいプレーオフ制度を導入しているので、最後の最後まで優勝争いがわからないからです。

一般的なサッカーのリーグでは最も多く勝ち点をとったクラブが優勝です。

このルールでは、極端に強いクラブが一つあると最終節を待たずに優勝が決まるので、残りは消化試合になってしまいます。

選手も人間なので、優勝出来ないとわかるとモチベーションが下がるのはしょうがないことです。

しかし、ジュピラー・プロ・リーグは総当たりを2回やったあと、上位と下位で総当たり戦のプレーオフが始まります。

それまで稼いだ勝ち点は半分になり、大量のリードがあってもひっくり返される可能性がでてきます。

他のスポーツだとプロ野球のクライマックスシーズンに近いルールでしょうか。

ジュピラー・プロ・リーグなら最後の最後まで優勝がわからないので、他のリーグよりもエキサイティングな試合が楽しめます。

 

他のリーグにない特徴がもう一つ。それは日本人選手が多いことです。

日本のサッカーで一番人気なのは、なんといっても日本代表のサムライブルーです。

現在のサムライブルーは、Jリーグの選手ではなく海外リーグで活躍する選手が中心。

サムライブルーのファンなら海外リーグもチェックしたくなるのは当然の流れです。

これまでは海外リーグで日本人選手が一番多かったのはドイツのブンデスリーガ1部でしたが、最近はベルギーのジュピラー・プロ・リーグに所属する選手が一番多いです。

感覚としては、リーグのレベルがJリーグ以上、ヨーロッパの4大リーグ未満(イングランド、スペイン、ドイツ、イタリア)という感じなので、挑戦の足がかりにはうってつけのリーグなんじゃないかと思います。

将来の日本代表もジュピラー・プロ・リーグから生まれるのは間違いなさそうですね。

 

冨安健洋の経歴は?

冨安健洋は身長も高く、両足も使えて、足まで速いという理想的なディフェンダーです。

近年のサッカーは相手のプレッシャーがどんどん激しくなっています。じっくりボールを持たせてくれません。

そのため、前線よりも比較的プレッシャーの少ないディフェンダーがゲームを作るのが主流です。

本職の守備でも負けず、正確なパスを通す技術も求められます。いわばなんでもできるディフェンダーが求められています。

Jリーグではアビスパ福岡に所属していた冨安健洋ですが、実は高校生でトップチーム入りしています。

U-19でも活躍してAFCを優勝。順調すぎるほど成長しています。

そんな彼に日本は狭すぎたのか海外志向が強く、2018年早々に日本を飛び立ちベルギーのシント=トロイデンに移籍しました。

クラブではディフェンダーのレギュラーとしてほぼ全出場!海外の屈強な選手としのぎを削っています。

しゅうと
二十歳迎える前に海外移籍って早いな。
てるお
日本人選手の海外進出がどんどん早くなってるね。
てるお
早く海外移籍するか、Jリーグで経験を積むかどっちが良いかはわからない、けど選べる環境があるのはいいことだね。

 

移籍の噂…行き先はどこ?

サッカー界では才能あるディフェンダーの価値がどんどん上がっています。

例えば、2018年に移籍したオランダ人のファン・ダイクの移籍金は約114億円!

芽の出そうな若手のディフェンダーも青田買いされています。

相手のフォワードに負けない屈強な体、空中戦も得意で低い位置からゲームメイクできる……こんな便利な選手は滅多にいません。

しゅうと
そんな選手いたら、もうこいつだけでいいんじゃないかな。
てるお
そんな選手いないからどこのチームも大金を積むんだね。

 

そんな中、20歳で日本代表でも存在感を出してきた冨安健洋にも注目が集まっています。

既に大迫勇也が所属するドイツのブレーメンが冨安健洋にオファーを出したことも明らかにされています。

他にもイタリアの古豪ラツィオ、ウディネーゼから興味が持たれているとか。

今冬中の移籍はクラブが拒否する方向のようですが、イタリアとドイツで冨安健洋を見れる可能性も出てきました。

これらのチームに移籍した場合、ドイツのブンデスリーガとイタリアのセリアAはスカパ-!でそのまま見れます。

ドイツ・ブンデスリーガ(2018-2019)見るならスカパー!日本人選手も多数所属!

しゅうと
いろんなチームから引く手あまただな。
てるお
将来的にはビッグクラブも狙える逸材だね。
しゅうと
こりゃ日本代表のディフェンダーも安泰だな。

 

おわりに

冨安健洋が所属するのはベルギー・ジュピラー・プロ・リーグのシント=トロイデン。

ベルギーの試合はスカパー!のスカパー!セットで見れます。

移籍の噂も出てますがドイツ、イタリアへの移籍ならそのままスカパー!で見れるので心配なし。

これから日本代表の核となりそうなメンバーなので、クラブでも成長過程を見たいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です